高齢出産で自然妊娠できる確率は?

病院では教えてくれない 妊娠率92%の超妊娠法

晩婚化や様々な理由によって、高齢での出産を経験する方が増えてきています。

高齢で出産を経験される方は、2人目以降であったり、晩婚であったり、不妊であったり、病気であったりと、様々な事情があると思います。
しかし、どんな場合でも、できれば自然妊娠をしたいと思っていると思います。

自然妊娠したいと思っても、高齢出産ではそれが可能なのか、また、どのくらいの確率で妊娠することができるのか、不安に思っている方も多いですよね。

さらには、高齢出産による様々なリスクを心配される方もいると思います。

そこでここでは、35〜36歳、37〜38歳、39〜40歳、40代と、それぞれの年齢における自然妊娠の確率と、流産の確率についてご紹介していますので、ご自分の年齢と照らし合わせてご覧いただければと思います。

ここでご紹介している確率は、あくまで目安であり、絶対的なものではありません。
例えば、自然妊娠の確率が低かったり、流産の確率が高いとしても、全ての方に当てはまるものではありませんので、その結果によって、一喜一憂せず、目安としてご覧いただければと思います。


そして、高齢出産を希望される方だけでなく、様々な年代の方の中にも、病気を抱えながら自然妊娠を希望されている方がいると思います。

病気と診断されて、自然妊娠ができるのかどうか不安に思っている方のために、病気別の治療方法や自然妊娠の可能性をご紹介しています。

ここでご紹介しているのは、「黄体機能不全」「多嚢胞性卵巣」「ピックアップ障害」「子宮内膜症」「卵管癒着」「卵管閉塞」「チョコレートのう胞」「男性不妊」です。
いずれも、不妊の原因になりうるものであり、自然妊娠の確率を低くしてしまうものです。
それぞれの原因や治療方法などを詳しくご紹介していますので、病気でお悩みの方や、自然妊娠を希望されている方に、少しでも役立てていただければ幸いです。

高齢の自然妊娠方法関連情報


>